情報科学概論 Introduction to Computer Science
 
◇ 担当教員 Instructor : 楫 勇一(Yuichi Kaji / かじ ゆういち)、 中島 康彦(Yasuhiko Nakashima / なかしま やすひこ)、
杉本 謙二(Kenji Sugimoto / すぎもと けんじ)、 関 浩之(Hiroyuki Seki / せき ひろゆき)
◇ 単位数 Credits : 1単位 ◇ 選択・必修 Required/Elective : 選択 ◇ 講義室 Room : ミレニアムホール
◇ 講義スタイル Style : -/公開
◇ 開講時期 Quarter : Ⅰ期 金曜4・5限 / Ⅱ期 金曜4・5限
※情報科学概論:5/23, 30, 6/6, 13 各4,5限. 注: 6/6, 6/13 は L1 で開講.

◇ 授業目的 Course goals : 本講義では、全学導入教育科目の一環として、情報科学や計算機工学の専門教育を受けていない学生を対象に、情報科学に関する基礎を初等的に解説する。This lecture is an introductory education subject for all students at NAIST. Basics on information science is given an elementary exposition to those who have never experienced expert education on information science and computer engineering.
◇ 授業内容 Course description : 1.情報処理の理論と仕組み(楫)Theory and Mechanism for Information Processing (Kaji)
「オペレーティングシステム概論」Operating System
計算機のオペレーティングシステムについて概説し、実際のシステム上で、情報や計算がどのように制御されるのかを解説する。We review the history and components of operating systems of computers, and learn how information and computation are handled in computers.
「情報理論入門」 Information Theory
情報の持つ数学的な側面に着目し、情報の定量化、情報圧縮、誤り訂正等の理論について述べる。This subject is to give mathematical and engineering aspects of "Information". We discuss how we can measure information, how we can compress data and how we can correct errors contained in noisy data.
2.ハードウェア入門(中島)
http://arch.naist.jp/htdocs-arch2/mgp/lect01/lect01.pdf
http://arch.naist.jp/htdocs-arch2/mgp/lect13/lect13.pdf
上記WEB参照のための ID=naist-student PW=0000000000
「環境負荷を減らすための電力遅延積という評価尺度」
画像処理の実現方法には、Cプログラム、マルチメディア命令、VLIW、FPGA、特殊ハードウェアなど様々な選択肢がある。主にハードウェアの観点から、実現方法によるエネルギー効率の驚異的な変化について概観する。
3.形式言語・計算理論入門(関)Theory of Computation (Seki)
「コンピュータのことば、人のことば」Introduction to Formal Language Theory
文脈自由文法とその構文解析法を紹介し、プログラム言語のコンパイラ、自然言語処理等への応用についても説明する。Context-free grammar (cfg) and its parsing method are introduced. Applications to compiler construction and natural language processing are also explained.
「コンピュータにできること、できないこと」Introduction to Computability
コンピュータの原理を簡潔に表すモデルを紹介し、コンピュータに解ける問題、解けない問題の境界は何かについて考える。A simple mathematical model for modern digital computer is introduced. An essence of computability is given based on the model.
4.信号とシステム論(杉本)Theory on Signals and Systems (Sugimoto)
「信号の数理」Mathematics of signals
信号を時間の連続値関数、システムをその変換器と見なし、信号処理の手法や伝達関数、周波数応答の初歩を説明する。By regarding signals as continuous functions of time and systems as their transformer, we learn methods for signal processing and elements of transfer function and frequency response.
「操りの科学」Science of manipulation
システム的手法がロボットや移動体の制御など、工学の実問題にどのように生かされているかを紹介し、特に最適化の基礎理論を学習する。We see how system approaches are applied effectively to real engineering problems such as robots and vehicle control. In particular we learn basic theory of optimization.

◇ 教科書 Textbook : 特になし。関連する書籍や資料は講義中に紹介する。
◇ 参考書 Reference materials : 特になし。関連する書籍や資料は講義中に紹介する。
◇ 履修条件 Prerequisites : 特になし。各研究科の履修方法を参照のこと。
◇ 成績評価 Grading : 出席状況と各教員によるレポートで成績を評価する。
◇ オフィスアワー Office Hours : 担当教員ごとに指定し通知する。
◇ 配布資料 Handouts : 現在、配布資料はありません。