ソフトウェア工学特論Ⅰ (140017) Advanced Software Engineering Ⅰ (140017)
 
◇ 担当教員 Instructor : 松本 健一(Kenichi Matsumoto / まつもと けんいち)、 石尾 隆(Takashi Ishio / いしお たかし)、
伊原 彰紀(Akinori Ihara / いはら あきのり)、 畑 秀明(Hideaki Hata / はた ひであき)
◇ 単位数 Credits : 1単位 ◇ 選択・必修 Required/Elective : 必修 ◇ 講義室 Room : 
◇ 講義スタイル Style : 講義/公開
◇ 開講時期 Quarter : 特論毎に異なる

◇ 授業目的 Course goals : ソフトウェア工学の歴史や最新の研究トピックスを知ると共に,研究の進め方や成果発表に関する議論を行うことで,ソフトウェア工学研究に取り組むための基礎の習得を目指す.

The purpose of this lecture is to acquire basic technology of software engineering research field through studying the history and the trend of software engineering.
◇ 授業内容 Course description : ソフトウェア開発における生産性と開発されたソフトウェアの品質の向上を目指し,これまでに数多くの理論や実践的な技術が開発されてきている.最近では,ソフトウェア開発をオープンに行う枠組みが産業界にも浸透する一方で,ソフトウェアに含まれる情報や工夫を知財として守る必要性も高まっている.更には,ソフトウェア開発データをビッグデータのひとつと捉え,これまでにない手法で生産性や品質に関する知見を得ようとする取り組みも活発である.

本授業の前半では,ソフトウェア工学がこれまで歩んできた道のりと最新の研究動向を紹介すると共に,ソフトウェア工学研究にどのように取り組むべきかについて議論を行う.後半では,ソフトウェア工学研究室が主として進めている「頭脳循環を加速する戦略的国際研究ネットワーク推進プログラム」の若手研究者から講義を受ける.



Software engineering researchers proposed theoretical and practical approaches to improve software quality and productivity. Nowadays, software development framework to cooperate with many and unspecified developers such as open source development percolates through the industrial world. However, we should protect intellectual property of the software and the development technique. We study to mine the big historical data set in software development.

The Early part of this lecture introduces the history and trends of the software engineering research field, and discuss the approach to study software engineering. The latter part of this lecture introduces the program for Advancing Strategic International Networks to Accelerate the Circulation of Talented Researchers.


◇ 教科書 Textbook : 特になし.講義資料を配布.

No texts but slides will be provided on demand.
◇ 参考書 Reference materials : 電子情報通信学会 投稿のしおり http://www.ieice.org/jpn/ronbun.html

The IEICE Transactions The Information for Authors : http://www.ieice.org/eng/shiori/page2.html
◇ 履修条件 Prerequisites : プログラミング手法、アルゴリズムとデータ構造、プログラミング言語、OSなどに関する基礎知識を有することが望ましいが、必須ではない。

There is no requirement. Basic knowledge of computer science is desirable.
◇ 成績評価 Grading : 提出レポート(100%)によって行う.

Final exercises 100%.
◇ オフィスアワー Office Hours :
◇ 配布資料 Handouts : 現在、配布資料はありません。