モバイルコンピューティング論 (130045) Mobile Computing (130045)
 
◇ 担当教員 Instructor : 柴田 直樹(Naoki Shibata / しばた なおき)
◇ 単位数 Credits : 1単位 ◇ 選択・必修 Required/Elective : 選択 ◇ 講義室 Room : L2
◇ 講義スタイル Style : 講義/公開
◇ 開講時期 Quarter : Ⅱ期 木曜1限

◇ 授業目的 Course goals : This lecture will mainly focus on various techniques used in mobile computing and inter-vehicle communication. General techniques for enabling network applications are also introduced.

本講義ではモバイルコンピューティングおよび車車間通信について主に取り扱う.また,ネットワークアプリケーションを実現するための技術について紹介する.
◇ 授業内容 Course description : This class consists of lectures and group discussion. I will give you a question in the lecture every week. After the lecture, the participants will join a group discussion and present an answer to the question. In the lecture, I will also give you demo programs with which you can see how the methods shown in the lecture works.

本講義は講義とグループディスカッションで構成される.各週において最初に質問を提示し,講義の後にグループディスカッションにおいてこれについて議論を行う.講義においてはデモプログラムをダウンロードして試せるようにすることで様々な手法について理解するための教材とする.


Chapter 1 Introduction and Lower Layers 導入と物理層・MAC層
* Moore's law and evolution of computers
* Categories of networks
* WiFi MAC layer
* Bluetooth

Chapter 2 Routing ルーティング
* Distance vector routing
* Link state routing
* AODV
* DSR
* OLSR
* GPSR and GPCR

Chapter 3 Fitting and Optimization フィッティングと最適化
* Linear regression
* Conjugate gradient
* Linear programming
* Random search
* Simulated annealing
* Genetic algorithm
* Integer linear programming

Chapter 4 Network Coding, Multicasting and Video Delivery ネットワークコーディング,マルチキャスト・ビデオ配送
* Random network coding
* Video and audio encoding
* Error resilient video delivery
* Assessing video quality

Chapter 5 Bloom Filter and P2P Systems
* Public key encryption and certificate
* Counting Bloom filter
* Bitcoin

* Chapter 6 Positioning 位置推定
** GPS
** Various techniques for indoor positioning
*** Triangulation
*** Fingerprinting
*** Proximity
*** Vision analysis
*** Infrared
*** Ultrasound
*** Radio frequency

* Chapter 7 Simulators and Testbeds シミュレータとテストベッド
** Radio propagation models
** Mobility models
** Discrete event simulation
** Simulators
** Testbeds

The program is subject to minor change. 講義内容は一部変更になる可能性があります.

◇ 教科書 Textbook : No textbook will be used. Powerpoint slides can be downloaded.

教科書は使用しない.スライドをダウンロードして参照することが可能.スライドは日本語と英語の両方をダウンロードできるようにする.授業は英語のスライドのみを用いる.
◇ 参考書 Reference materials : None 無し
◇ 履修条件 Prerequisites : Fundamental knowledge on networking and programming is preferred.

ネットワークおよびプログラミングに関する基本的な知識があることが望ましい.
◇ 成績評価 Grading : By mini reports. (70%)
Attending group discussion. (30%, grade point is deduced if you arrive late for class)

If a student cannot attend the lecture with a compelling reason and if there is a request from the advising professor, the grade can be evaluated 100% by mini reports.

Each report is evaluated and graded. If some part of a question is not answered, or the intent of the question is misunderstood, the grade point could be very low, or no score is given depending on the answer. Even if you attend every class and submit all reports, your grade could be F depending on how you answer in the reports.

Below are a few examples of the answers in the reports that could get very low grade points.
* The answer in the report lacks some part of the items that is instructed to be included. (e.g. The assignment is to summarize the arguments from both sides, but the report only summarizes one side of the opinions.)
* The intent of the question is misunderstood. (e.g. Even though the question asks the device for applying method A to problem B, the answer only explains method A, without any explanation specific to problem B.)

ミニレポート (70%)
グループディスカッションへの参加 (30%,授業に遅刻した場合は減点します)

やむを得ない理由により講義に出席できない場合は100%ミニレポートにより成績評価を行います(指導教員より要請があった場合に限ります.公欠制度はありません).

レポートは,提出したら自動的に満点が与えられるのではありません.各課題に対する解答を評価した上で,点数をつけます.問題で指定された項目のいずれかに対する解答が書かれていない場合や,解答が課題の趣旨に沿っていない場合など,レポートの内容によっては提出しても得点がゼロになる場合があります.講義にすべて出席し,レポートを全て提出しても不可になる場合があります.

下記の条件に当てはまる場合、大幅に減点する場合があります。
* 解答に含めるように指示された項目が一つでも解答に含まれていない場合(例:ある事柄について賛成・反対の双方の意見をまとめるように指示されているのに,片方の意見しか書かれていない場合)
* 回答が課題の趣旨に沿っていない場合(例:手法Aを問題Bに適用する上でどのような工夫が考えられるかという質問に対して,問題Bに特有の話はせず,手法Aの一般的な説明だけをしている場合)
◇ オフィスアワー Office Hours : Please make an appointment by sending an e-mail to n-sibata@is.naist.jp.

n-sibata@is.naist.jp にメールして予約すること.
◇ 講義関連URL URL :
Lecture Handouts
◇ 配布資料 Handouts : 現在、配布資料はありません。