情報ネットワーク論Ⅰ (131021) Information Network I (131021)
 
◇ 担当教員 Instructor : 門林 雄基(Youki Kadobayashi / かどばやし ゆうき)、 Doudou Fall
◇ 単位数 Credits : 2単位 ◇ 選択・必修 Required/Elective : 選択 ◇ 講義室 Room : L2
◇ 講義スタイル Style : 講義/公開
◇ 開講時期 Quarter : Ⅰ期 金曜1・2限

◇ 授業目的 Course goals : コンピュータネットワーク、およびインターネットの動作原理を理解することを目的とする。ネットワークを構成するアーキテクチャ、プロトコルの考え方、様々な技術要素について詳細に学ぶ。これらを詳細に理解することにより、コンピュータネットワークを活用した研究を始めることができる。

In this lecture, our goal is to understand how computer networks and the Internet work. Throughout, we will study in detail the architecture, protocols, and the various technical components that make up the entire network system. A solid understanding of this lecture will definitely help with research activities that make use of computer networks.
◇ 授業内容 Course description : 本講では、1960年代から脈々と開発されてきたコンピュータネットワーク技術について、その成立ち、産み出された技術について横断的に概観し、どのような概念に基づいて設計されたかを理解し、その実装の手法を学ぶ。また、インターネット技術を取り上げ、現在私達が日常的に利用しているインターネットの構成要素についても学ぶ。具体的には以下の話題を講述する。
1.コンピュータネットワークの発展の歴史
2.階層型プロトコルの概念と参照モデル
3.データリンク技術
4.ネットワーク層プロトコルの役割と、IPv4/IPv6
5.トランスポート層プロトコル
6.ネットワーク管理アーキテクチャ
7.ネットワークアプリケーションの構造と技術
8.Webアプリケーション技術

We will addresses computer networking technologies since the 1960s, along with their roots and today's deliverables. We will study the fundamental concepts behind the design of individual key technology, as well as their implementation techniques. We will also investigate the Internet technology, in order to understand the technological components on which we rely on today. More specifically, the following topics will be addressed:

1. Development of computer networks
2. Fundamental concepts of layered protocols and their reference model
3. Data-link technology
4. The role of network layer protocol and IPv4, IPv6
5. Transport layer protocol
6. Network management architecture
7. Network application structure, and technologies
8. Web application technology

◇ 教科書 Textbook : 特になし。講義ノート、ならびにハンズオン・セッション用VMイメージを配布する。
We do not employ single textbook for this lecture. Lecture notes, as well as virtual machine images for hands-on sessions, will be shared online.
◇ 参考書 Reference materials : 特に参考書は指定しないが、講義中に必要に応じて関連する書籍、資料(例えばプロトコル仕様書)を紹介する。
For each lecture, we may introduce some related books and documents (e.g., protocol specification) as appropriate.
◇ 履修条件 Prerequisites : 大学院レベルの科学英語での講義が受講できること。聴き取れない場合は授業アーカイブなどを活用して大学院レベルの語彙の獲得に努めること。
Scientific English will be employed throughout the lecture with graduate-level vocabularies.
◇ 成績評価 Grading : 試験(40%)および 課題レポート(60%)により評価する。
Overall scoring will be derived from Exam (40%) and Assignments (60%).
◇ オフィスアワー Office Hours : (A314)火曜、木曜の午後を設定する。
Tuesday and Thursday afternoon (A314)
◇ 講義関連URL URL :
Information Network 1 2015
Information Network 1 2016
◇ 配布資料 Handouts : 現在、配布資料はありません。