ソフトウェア工学Ⅰ (131009) Software Engineering Ⅰ (131009)
 
◇ 担当教員 Instructor : 松本 健一(Kenichi Matsumoto / まつもと けんいち)、 伊原 彰紀(Akinori Ihara / いはら あきのり)
◇ 単位数 Credits : 1単位 ◇ 選択・必修 Required/Elective : 選択 ◇ 講義室 Room : L1
◇ 講義スタイル Style : 講義/公開
◇ 開講時期 Quarter : Ⅰ期 火曜2限

◇ 授業目的 Course goals : ソフトウェアやその開発/利用プロセスに対する計測、評価、フィードバックといった定量的アプローチを基礎として、ソフトウェアの生産性や品質を高める技術の習得を目指す。

Learn techniques for improving software development productivities and qualities based on empirical approaches including measurement of products and develop/use processes, evaluation, and feedback.
◇ 授業内容 Course description : 本授業では、ソフトウェア工学の知識領域のうち、ソフトウェアテスティング、ソフトウェア工学マネージメントに焦点を当てる。また、リポジトリマイニングの技術を中心に取り上げ、関連するトピックスについても概説する。レポート提出、発表を適宜求めることで、ソフトウェア工学の現状と今後について議論し、理解を深める。

第1回 概論:ソフトウェア開発の現状と課題(松本)
第2回 ソフトウェア管理: ソフトウェア開発データリポジトリの利用(伊原)
第3回 ソフトウェア管理: ソフトウェアメトリクス、計測フレームワーク(松本)
第4回 ソフトウェア品質: ソフトウェア開発データリポジトリの活用(伊原)
第5回 ソフトウェア工学マネージメント: オープンソースソフトウェア工学(伊原)
第6回 ソフトウェア品質: テスト手法、ソフトウェア信頼度成長モデル(松本)
第7回 ソフトウェア工学マネージメント:規模・工数見積り(松本)
第8回 ソフトウェア工学マネージメント:オープンソースソフトウェアの利活用(伊原)

The objective of this lecture is to understand the present situation and problems of software development, and to learn the fundamental knowledge and the concrete technique for solving these problems. The following is the tentative plan for each class.

Lesson 1) Software Development and Engineering: Past and Present. (Matsumoto)
Lesson 2) Software Resource Management: Software Development Repositories. (Ihara)
Lesson 3) Software Resource Management: Software Metrics, Software Quality Framework (Matsumoto)
Lesson 4) Software Quality: Mining Software Development Repositories. (Ihara)
Lesson 5) Software Engineering Management: Open Source Software Engineering. (Ihara)
Lesson 6) Software Quality: Test techniques and Process. (Matsumoto)
Lesson 7) Software Engineering Management: Software Size and Cost Estimation. (Matsumoto)
Lesson 8) Software Engineering Management: Open Source Software Engineering in Practice. (Ihara)

◇ 教科書 Textbook : 特になし。講義資料を配布。

Lecture slides will be provided prior to each class.
◇ 参考書 Reference materials : Andy Oram、Greg Wilson 編、久野禎子、久野靖 訳、Making Software――エビデンスが変えるソフトウェア開発、オライリー・ジャパン(2011)

その他、関連する書籍や資料は講義中に紹介する。

Andy Oram and Greg Wilson, Making Software: What Really Works, and Why We Believe It, O'Reilly Media, 2011.

Other related publications and materials will be provided at class.
◇ 履修条件 Prerequisites : プログラミング手法、アルゴリズムとデータ構造、プログラミング言語、OSなどに関する基礎知識を有することが望ましいが、必須ではない。

Basic knowledge of programming methods, algorithm and data structure, programming language, and operating system will help to understand the lectures but not mandatory.
◇ 成績評価 Grading : 試験(60%)、提出レポート(40%)によって行う。

Final exercises 60% and reports 40%.
◇ オフィスアワー Office Hours : 随時。ただし事前にメール等にて連絡すること。(松本 B301、畑 B306)

On demand. Basically by email (Matsumoto in B301, Hata in B306).
◇ 配布資料 Handouts :
種類 公開日 教材名 備 考

PDF
2017-04-07 SE1 Course Overview 2017 4/11

PDF
2017-04-07 Software Engineering Introduction 2017 4/11

PDF
2017-04-18 Handout for Ihara's lecture

PDF
2017-04-21 Software Metrics 2017 4/25
※アイコンをクリックし【対象をファイルに保存】を選択し教材をダウンロードしてください。