ソフトウェア工学特論Ⅱ (140018) Advanced Software Engineering Ⅱ (140018)
 
◇ 担当教員 Instructor : 松本 健一(Kenichi Matsumoto / まつもと けんいち)、 伊原 彰紀(Akinori Ihara / いはら あきのり)、
畑 秀明(Hideaki Hata / はた ひであき)
◇ 単位数 Credits : 1単位 ◇ 選択・必修 Required/Elective : 必修 ◇ 講義室 Room : 
◇ 講義スタイル Style : 演習/非公開
◇ 開講時期 Quarter : 特論毎に異なる

◇ 授業目的 Course goals : ソフトウェアとその開発・利用過程を対象とした分析技術の基礎の習得を目指す.

The purpose of this lecture is to obtain basic analysis techniques in software development datasets.
◇ 授業内容 Course description : 最新の分析技術および分析ツールについて解説し,それら技術・ツールを,オープンソースソフトウェア等の開発データに適用する演習を課す.具体的な演習テーマは次のとおり.

Learn tools and techniques in empirical software engineering by applying them to actual software development datasets.

■統計分析(検定,相関係数,平行座標プロットなど),重回帰分析の基礎
■統計解析ツールRを用いたソフトウェア開発データ分析技術
■版管理システムGitのしくみとリポジトリマイニング

■ Statistics
■ Data mining with R
■ Basics of Git and Mining Software Repositories

◇ 教科書 Textbook : 特になし.

If needed, supplemental materials will be provided.
◇ 参考書 Reference materials : 奥野忠一,久米均,芳賀敏郎,吉澤正,多変量解析法(改訂版),日科技連,1981.
濱野純,入門Git,秀和システム,2009.

Scott Chacon and Ben Straub, Pro Git (2nd ed.), Apress, 2014.
◇ 履修条件 Prerequisites : プログラミング手法、アルゴリズムとデータ構造、プログラミング言語、OSなどに関する基礎知識を有することが望ましいが、必須ではない。

There is no requirement. Basic knowledge of computer science is desirable.
◇ 成績評価 Grading : 提出レポート(100%)によって行う.

Final exercises 100%.
◇ オフィスアワー Office Hours :
◇ 配布資料 Handouts : 現在、配布資料はありません。