先端複合技術論 (130056) Theory of Advanced IT (130056)
 
◇ 担当教員 Instructor : 飯田 元(Hajimu Iida / いいだ はじむ)、 高松 淳(Jun Takamatsu / たかまつ じゅん)、
猪俣 敦夫(Atsuo Inomata / いのまた あつお)、 田中 康(Yasushi Tanaka / たなか やすし)、
高井 利憲(Takai Toshinori / たかい としのり)
◇ 単位数 Credits : 1単位 ◇ 選択・必修 Required/Elective : 選択 ◇ 講義室 Room : L3
◇ 講義スタイル Style : 講義/公開
◇ 開講時期 Quarter : Ⅲ期 金曜2限 / Ⅳ期 金曜2限
※本講義は3期及び4期の2期にわたって金曜日2限(一部4限も実施)に不定期に実施する(基本隔週、全8回)。3期あるいは4期だけで単位は取得できないので注意するように。他講義との重複が問題になる場合、授業初回までに担当教員に相談すること。講義内容・日程詳細は9月上旬までに告知予定

This lecture is spanning to semesters III and IV, basically on Friday 2nd periods. In order to obtain the credits, complete participation to all 8 lectures is mandatory. Please be careful of that you can't obtain credit within one semester. The teachers in charge may consult BEFORE the class starts to solve very limited number of conflicts with other lectures. Concrete lectures schedule and topics will be announced in early September.

◇ 授業目的 Course goals : 本講義では、ソフトウェア、ネットワークセキュリティ、ロボティクスといった先端IT分野における最新技術の動向について幅広い知識を身につけることを目的とする。

Widely learn the current trends and the latest topics in the development of integrated IT product spanning in the area of software network-security and robotics.
◇ 授業内容 Course description : 今日の工業製品の多くが高度技術の複合体として実現されており、そのような製品の企画・設計・開発を主導する人材には、複数の最先端技術を理解し応用するための素養が求められる。
本講義では、連携企業や研究機関等から招かれたゲスト講師によりソフトウェア、セキュリティ、ロボティクスを中心とした最先端情報処理技術の動向について紹介する。
さらに、これらの内容を通じて、統合的な工業製品の企画・設計・開発のプロセスに関する理解を深める。
(全8回、1単位)
※なお、本講義は3期及び4期の2期にわたって金曜日2限(一部4限も実施)に不定期に実施する(基本隔週)。3期あるいは4期だけの受講では単位は取得できないので注意するように。他講義との重複が問題になる場合、授業初回までに担当教員に相談すること。


Today's industrial products are mostly composed as as a complex of high techs. Leading developer of such products (planning, design, development) are expected to have ability of understanding and applying very advanced technologies spanning multiple fields. This class invites guest lecturers from cooperative industries and research institutes to introduce the latest technology trends in the area of software, security, and robotics. Thought the all lectures in variety, planning, design and development process for the integrated industrial product will be also understood.
(8 lectures/ 1 credit)


#1 10/7 「社会のわき役になれるロボットの運用ノウハウ 」 アスラテック 吉崎 航
#2 10/21 「なぜプロジェクトは炎上するのか?その傾向と対策」NTTデータ 伏田享平
#3 11/4 「先端技術の複合による社会価値創造 ~IoT事業の現場から見た技術動向について~」NEC 石井健一
#4 11/25 「元日産カーデザイナーでデザイン起業家が語るABCデザイン原論」 A Concept & Styling Laboratory 増崎慶太
#5 12/16* 「暗号が弱くなるとき:実装や運用における弱い暗号の利用」東邦大学 金岡晃
#6 12/16* 題目未定 NTTセキュアプラットフォーム研究所 秋山 満昭 (*4限の実施になりますので注意*)
#7 1/6 題目未定 アイ・トランスポート・ラボ 花房 比佐友
#8 1/13 題目未定 ホンダ技術研究所 坂上義秋

◇ 教科書 Textbook : 必要に応じて講義資料を配付する。

No text book is required. Slides or other material will be provided for each lecture.
◇ 参考書 Reference materials : 各回のゲスト講師により紹介する。

Will be introduced in lectures.
◇ 履修条件 Prerequisites : 前提知識等は特に求めないが、システム要求工学の事前履修を奨める。
Nothing specific. System Requirement Engineering is recommended to take in advance.
◇ 成績評価 Grading : 各回の内容について考察した個別レポートおよび講義全体を俯瞰した総括レポートの提出を課する。
成績はこれらのレポート評価の総和を90%に講義中の議論への参加度を10%として算出する。

Report on every lecture and concluding report must be submitted = 90%,
Attendance to the class discussions = 10%
◇ オフィスアワー Office Hours : 講義全体の構成およびスケジュールについてはIT-Triadicプログラムの関連講義情報のページで最新情報を確認すること。その他の質問は飯田まで(随時)

Detail and schedule will be on support page. General questions will be answered by Prof. Iida (on demand).
◇ 講義関連URL URL :
IT3でのページ(詳細な予定を含みます)
Lecture Support Page (will open in September 2016)
◇ 配布資料 Handouts : 現在、配布資料はありません。