ソフトウェア開発演習Ⅱ (130055) Exercise in Practical Software Development Ⅱ (130055)
 
◇ 担当教員 Instructor : 市川 昊平(Kouhei Ichikawa / いちかわ こうへい)、 渡場 康弘(Yasuhiro Watashiba / わたしば やすひろ)、
丁 明(Ding Ming / でぃん みん )、 崔 恩瀞(Eunjong Choi / ちぇ うんじょん)
◇ 単位数 Credits : 2単位 ◇ 選択・必修 Required/Elective : 選択 ◇ 講義室 Room : A207
◇ 講義スタイル Style : 演習/公開
◇ 開講時期 Quarter : Ⅳ期 木曜4・5限

◇ 授業目的 Course goals : 本演習では、単なるプログラミングスキルの向上ではなく、一定の規模と機能を備えたアプリケーションソフトウェアを複数人のチームにより開発することで、ソフトウェア開発プロセスの上流から下流まですべてを体験するとともに、プロジェクト管理についても体験することを目的とする。

The goal of this exercise course is not only for developing programming skills but also for getting an experience of a software development process from upper process to lower process and project management skills through a team development project targeting a certain size of application.
◇ 授業内容 Course description : 単に動くプログラムを書くだけではなく、どのようなアプリケーションを開発するか、要求定義を行って仕様書を作成し、開発計画を立て、UML等による設計書を作成したのちにプログラミングを行う。レビューにより各工程の検証をおこなう。また、動作試験も仕様書に基づいて系統的に行う。プロジェクト管理ツールを利用して、これら一連のプロセスを管理・支援する。
開発対象としてはたとえば、KINECTやAndroid端末を使ったインタラクティブなアプリケーションの開発を数名のチームにより行う。具体的な課題は演習中に受講生と相談のうえ決定する。

In this course, we learn not just only how to write codes, but also learn how to write software specifications through defining requirements for an application, write design documents using UML, and then write codes. We learn how to verify each stage of development and learn systematic test skills based on the specifications. We also learn project management tools to support the process of the development.

Target applications include an interactive application using KINECT, Android and etc. Actual development target will be determined in the class.

◇ 教科書 Textbook : 教科書は指定しない。必要に応じて資料を配布する。
No texts but slides will be provided on demand.
◇ 参考書 Reference materials : 事前講義の際に提示する。
Will be shown in lecture slides.
◇ 履修条件 Prerequisites : ・C/C++,Java,C#のいずれかの言語の基本的なプログラミングスキルを有すること。最低限、プログラミング基礎演習Iを修了済みもしくは同等の知識を有すること。
・プログラミング基礎演習IIを修了済みもしくは同様のスキルを有することが望ましいが必須ではない。
・ソフトウェア設計論を修了済みもしくは同等の知識(オブジェクト指向およびUMLに関する基本知識)を有することが望ましい。
・KINECTやAndroid等を用いたプログラミングの知識は必須ではない。

- Basic programming skills in one of C/C++, Java, C# languages are required. Taking Introductory Programming Course I or comparable skills are required at the very least.
- Taking Introductory Programming Course II or comparable skills are recommended (Optional).
- Taking Software Design or comparable skills (basic knowledge of object-oriented programming and UML) are recommended.
- Programming knowledge of KINECT and Android is not necessary.
◇ 成績評価 Grading : 開発プロセス全体を通じた活動内容と成果物(プログラムだけではなく、設計書その他のドキュメントも含まれる)の品質に基づいて評価する。

Evaluated by the activities through the development process and the quality of the deliverable (not only with the codes, but also with design documents and etc.).
◇ オフィスアワー Office Hours : 随時。ただし基本的にメールにより対応。
On demand. Basically by email.
◇ 講義関連URL URL :
講義サポートサイト
Exercise support site
◇ 配布資料 Handouts : 現在、配布資料はありません。