先端複合演習Ⅰ (130057) Studio of Advanced IT Ⅰ (130057)
 
◇ 担当教員 Instructor : 高松 淳(Jun Takamatsu / たかまつ じゅん)、 田中 康(Yasushi Tanaka / たなか やすし)、
高井 利憲(Takai Toshinori / たかい としのり)
◇ 単位数 Credits : 2単位 ◇ 選択・必修 Required/Elective : 選択 ◇ 講義室 Room : テーマ毎に異なる
◇ 講義スタイル Style : 演習/公開
◇ 開講時期 Quarter : テーマ毎に異なる

◇ 授業目的 Course goals : 複数のIT分野にまたがる専門的技術の統合的活用や、専門の異なる人材との協調による開発課題への取り組み等を通じて、実社会で要求される複雑な課題への対応力を会得する。

Develop an ability to integrate several expertise over different special domains and learn how to handle complex issues to be solved in the society through collaborative work with people from different domains.
◇ 授業内容 Course description : 複数のテーマが提供されるので、希望するテーマを選択して受講する。原則として演習形式で実施されるが、演習に先立ち、必要となる基礎知識習得の為の座学を実施することがある。また演習の一部もしくはすべてを学外の企業や研究機関等で実施することもある。
以下に演習テーマの例を示す(実際のテーマはホームページ:http://it3.naist.jp/ に随時記載する):
・芸術大学との合同チームによる超上流工程からのシステム開発演習
・自律式ローバーの設計・実装・テスト
・チームを組んでプロジェクトの提案・応募・実施・評価を行う社会連携型PBL
・システムアシュアランス

Several topics will be provided and you can choose some of them. Each topic is executed in an exercise style but some lectures might be given for preparation. Some topics are conducted by collaboration with other companies in industry or other institutes. The followings are example topics (for more detail, check the IT3 program web-page http://it3.naist.jp/)

* Designe as user-experience (with Osaka University of Arts)
* Design, implementation and tests of Mars Rover vehicle (with JAXA)
* PBL with project proposal, application, execution, and evaluation
* System assurance

◇ 教科書 Textbook : テーマごとに異なる。
Depends on topics.
◇ 参考書 Reference materials : テーマごとに異なる。
Depends on topics.
◇ 履修条件 Prerequisites : 本科目はIT3(マルチスペシャリスト育成プログラム IT-Triadic)履修者のための選択科目であるが、IT3履修者以外の学生も通常の専門科目と同様に博士前期課程修了要件の一部に含めることができる。ただし、1年間で2テーマまでしか履修することができない。(1テーマ目に合格すると先端複合演習I、2テーマ目に合格すると先端複合演習IIの単位が認定される。)また、演習の終了後2週間以内に、レポートを研究科事務室または担当教員に提出する必要がある。詳細な情報および要件は、ホームページ:http://it3.naist.jp/ に記載する。演習の募集などに関する情報の周知は、メールおよび上記のホームページを用いて行う。

Although this class is a part of IT3 program (multi-specialist development program), a student who does not take IT3 program can also count the credits of this class as a part of required condition for master degree as a usual specialized subject. But each student can at most two topics (the first one would be regarded as Studio of Advanced IT I and the second would be Studio of Advanced IT II). After finishing the exercise, a student is expected to submit a report to IS admin office or the subject instructor. The detailed information is given in IT3 program web-page (http://it3.naist.jp/). The announcement will be given in the web-page or e-mails.
◇ 成績評価 Grading : レポートによる合否決定を基本とするが、テーマによって一部例外がある。
Basically, a student will be evaluated through the submitted report but there are exceptions according to topics.
◇ オフィスアワー Office Hours : テーマ担当者による。
Contact each subject instructor.
◇ 講義関連URL URL :
IT3ホームページ
IT3 先端複合演習のWebページ
◇ 配布資料 Handouts : 現在、配布資料はありません。