研究論文 (150001) Research Work (150001)
 
◇ 担当教員 Instructor : 所属研究室担当教員
◇ 単位数 Credits : 4単位 ◇ 選択・必修 Required/Elective : 研究論文あるいは課題研究のどちらか選択 ◇ 講義室 Room : 
◇ 講義スタイル Style : -/公開
◇ 開講時期 Quarter :

◇ 授業目的 Course goals :  「研究論文」では、未知の問題について研究を進め、創意を発揮して問題解決することを目指します。自らの研究の成果を論文の形式にまとめ、在学期間中の研究活動を総括します。問題の解決方法における創造性、有用性、あるいは、実用性が評価されます。
In `research work', students pursue research on unsolved problems, address the problems based on their own unique ideas, and write the research thesis describing the accomplishments during the research activity in the university. Novelty and usefulness or applicability of the methodology for solving problems are important factors for evaluating the student's research work.
◇ 授業内容 Course description :  主指導教員の指導に加えて、副指導教員やその他の教員による複数の教員が指導に当たります。研究の任意の時点でアドバイスを求めることができますが、とくに、ゼミナールⅡにおける2回の発表では、研究の進行と問題点について意見とアドバイスを受けます。
Supervisor, co-supervisors, and other advisers provide directions for advancing student's research work. Students may have directions from their advisers at any point in the process of research work. Especially in seminar II, supervisors give advices and comments on progression and remaining issues related to student's research.

◇ 教科書 Textbook : なし。
◇ 参考書 Reference materials : 研究の内容に応じて紹介するとともに、自ら参考著書や参考論文を見つける。
◇ 履修条件 Prerequisites : 研究に対する意欲と自発性。
◇ 成績評価 Grading : 提出された修士論文および口頭発表の内容、それに対する口頭試問により、審査委員が合否を判定します。修士論文には、新規性や有効性が重視されますが、その他に次の項目に注目します。
1 研究の背景や目的を良く理解している
2 研究課題に関する知識、関連する研究、研究課題の意義などが整理されている
3 解決の参考にした原理や方法、提案した方法の有効性とその評価など、研究の進め方や研究方法について吟味がなされている
4 提案した式や採用したデータが含まれている場合、それらが正確で、適切である
5 得られた結果と今後の研究課題について考察している
6 引用文献は適切である
7 修士論文および口頭発表は論理的に分かりやすく構成されている
The examination is based on (i) the detailed contents of a master's thesis or thematic research report, and (ii) an oral presentation and (iii) an oral interview based on the thesis or report. Novelty and applicability are important factors in the master's thesis. The examination checks that:
1. Students understand the background and objectives of their research.
2. Knowledge regarding the research project is well organized.
e.g. introduction in the thesis, explanations of basic knowledge, relevant research, significance of the research project
3. The research procedures and method have been carefully developed.
Principles and methods used as references in solving problems in the research project
Validity and appropriateness of newly proposed methods
Applicability and evaluation of newly proposed methods
4. Proposed equations and obtained data, if any, are accurate and properly organized.
The data is suited for the research objectives and research methods.
Figures and tables represent research results properly.
5. Results obtained results and unresolved challenges have been discussed.
Research objectives have been attained.
The conclusion shows novelty and importance.
The necessity and vision of future research have been described.
6. Appropriate references are used.
7. The thesis and oral presentation are organized logically and clearly.

◇ オフィスアワー Office Hours : 所属研究室、および、副指導教員が個別に指定します。
◇ 配布資料 Handouts : 現在、配布資料はありません。