技術と倫理 (000105) Technology and Professional Ethics (000105)
 
◇ 担当教員 Instructor : 上田 修史(Shushi Ueda / うえだ しゅうし)
◇ 単位数 Credits : 1単位 ◇ 選択・必修 Required/Elective : 選択 ◇ 講義室 Room : L1
◇ 講義スタイル Style : 講義/公開
◇ 開講時期 Quarter : Ⅲ期 金曜4・5限

◇ 授業目的 Course goals : 技術者に求められる専門職倫理について、様々な観点から学習し、正しい理解と意識を身に着ける。
Objective of this course is to let the students understand ethical issues related to technology from various viewpoints and to let them develop a sense of professionalism as engineers.
◇ 授業内容 Course description : ・実践的工学倫理概論 / Introduction to practical engineering ethics
・技術者の使命と責任 / Engineer’mission and Liability
・技術者と法規及び知的財産 / Engineers and the Laws as well as
Intellectual property  
・安全と工学倫理 / Safety and engineering ethics
・環境・資源問題と工学倫理 / Environmental/resource issues and
engineering ethics
・事例研究及びグループ討議 / Case studies and Group discussion

◇ 教科書 Textbook : 中村収三、(一社)近畿化学協会 工学倫理研究会 編著
「技術者による実践的工学倫理、-先人の知恵と戦いから学ぶ-」第3版 化学同人
(2013年)
(全員がテキストを持っていることを前提に、課題を出したり、グループ討議を行ったりするので、毎回必ず持参すること)
◇ 参考書 Reference materials : ・C.E.Harris、 M.S.Pritchard、 M.J.Rabins 共著、公益社団法人 日本技術士会
 訳編 「第3版 科学技術者の倫理-その考え方と事例」 丸善(2008年)
・(一社)近畿化学協会 化学教育研究会 編著 「環境倫理入門」 化学同人(2012)
◇ 履修条件 Prerequisites : 理工学全般についての基礎知識
Basic knowledge of science and engineering
◇ 成績評価 Grading : 課題レポート(60%)、授業・グループ討論参加への積極性などにより評価する。
Assessment will be based on home works(60%)and positivity at the class/group discussion(40%)
◇ オフィスアワー Office Hours : (A202) 毎回の講義前、13:30~15:00
(A202)13:30~15:00 before every class 
◇ 講義関連URL URL :
NSPE Code of Ethics for Engineers
Roger Boisjoly-The Challenger Disaster
William LeMessurier-The Fifty-Nine-Story Crisis: A Lesson in Professional Behavior
◇ 配布資料 Handouts : 現在、配布資料はありません。