ソフトウェア工学Ⅲ Software Engineering Ⅲ
 
◇ 担当教員 Instructor : 門田 暁人(もんでん あきと )
◇ 単位数 Credits : 2単位 ◇ 選択・必修 Required/Elective : 選択 ◇ 講義室 Room : L1
◇ 講義スタイル Style : -/公開
◇ 開講時期 Quarter : Ⅳ期 火曜1限、 金曜2限

◇ 授業目的 Course goals : ソフトウェア開発における新旧の技術的課題の解決のための方法論,ツール,及び,ノウハウについて,ソフトウェア開発プロジェクトの実績データを交えてより実務的な視点から学習する.
◇ 授業内容 Course description : ソフトウェアの大規模化,多機能化への要求が増大する中,市場競争の原理により開発期間の短縮,及び,高信頼性の確保への圧力がますます強まっている.さらには,海外への開発の委託,著作権やソフトウェア特許の問題,オープンソースソフトウェアの利用,情報漏えいへの対策など,新しい課題も生じている.本授業では,ソフトウェア工学Ⅰ,Ⅱの授業で学んだソフトウェア構築やマネジメントのための方法論を踏まえ,それらを開発現場へ適用する際の原理原則,及び,より個別性の高い課題や新しい課題への対策や方法論について学習する.特に,実際のソフトウェア開発プロジェクトの実績データに基づく学習を重視し,データ分析やツールの使用についてのレポート課題の提出,発表を適宜求める.本授業が主に対象とする領域は下記の通りである.
1.ソフトウェア開発において実証されている/されていない法則・仮説
2.ソフトウェア開発管理のためのデータ収集と分析
4.プロダクトの計測と評価
5.開発データの統計解析の手法
6.ソフトウェアプロテクション,著作権,特許

◇ 教科書 Textbook : 特になし.講義ノートを配布.
◇ 参考書 Reference materials : John McGarry他,実践的ソフトウェア測定,共立出版 (2004).
Albert Endres, Dieter Rombach,ソフトウェア工学・システム工学ハンドブック,コンピュータエイジ社(2005).
その他,関連する書籍や資料は講義中に紹介する.
◇ 履修条件 Prerequisites : ソフトウェア工学Ⅰ,Ⅱを受講していることが望ましいが,必須ではない.
◇ 成績評価 Grading : 試験(40%),提出レポート(30%),提出レポートの発表と質疑応答(20%),および,出席状況(10%)によって行う.
◇ オフィスアワー Office Hours : (B303)火曜日2限,金曜3限.
◇ 配布資料 Handouts : 現在、配布資料はありません。