科学哲学 Philosophy of Science
 
◇ 担当教員 Instructor : 大西 勇喜謙(Yukikane Ohnishi / おおにし ゆきのり)
◇ 単位数 Credits : 1単位 ◇ 選択・必修 Required/Elective : 選択 ◇ 講義室 Room : L1
◇ 講義スタイル Style : 講義/公開
◇ 開講時期 Quarter : Ⅱ期 火曜4・5限、 金曜4・5限

◇ 授業目的 Course goals : 科学技術の性質・方法・変化、さらにはそれを取り巻く社会的問題について考察し、科学技術についてのより深い理解とより広い視野を涵養する。
This course aims to provide students with deeper and broader understanding of science and technology through consideration of its nature, methodology, and development, as well as the various social problems surrounding it.
◇ 授業内容 Course description : 7.21 4限 科学と疑似科学1:科学の方法論から考える
   5限 科学と疑似科学2:科学の歴史変化から考える
7.24 4限 科学と実在1:科学は目に見えないものについても何かを教えるか
   5限 科学と実在2:科学は何を目的とした活動か
7.28 4限 科学技術と社会1:科学の社会的側面と合理性
   5限 科学技術と社会2:科学政策への市民参加のあり方を考える
7.31 4限 参加型ワークショップ:理想的な研究者/最悪の研究者
   5限 科学技術と倫理:研究上の不正とその背景

7.21 Science and pseudo-science 1: What is `the scientific methodology’?
   Science and pseudo-science 2: How do theories develop?
7.24 Science and reality 1: Does science tell us about the unobservables?
   Science and reality 2: What is `the aim of scientific activities’?
7.28 Science and technology in society 1: Social aspects of science and its rationality.
   Science and technology in society 2: Public participation in science and technology policy.
7.31 Workshop: Who is the ideal and the worst researchers?
   Science and technology and ethics: Research misconduct and its social background.

◇ 教科書 Textbook : サミール・オカーシャ『科学哲学』(岩波書店)/金森修・中島秀人編『科学論の現在』(勁草書房)
◇ 参考書 Reference materials : 伊勢田哲治『疑似科学と科学の哲学』(名古屋大学出版会)/藤垣裕子編 『科学技術社会論の技法』 東京大学出版会
◇ 履修条件 Prerequisites : 特になし
◇ 成績評価 Grading : 小レポート 40%
WSへの参加度 10%
最終レポート 50%
◇ オフィスアワー Office Hours : 授業終了後

配布資料は、授業時に適宜配布
◇ 配布資料 Handouts : 現在、配布資料はありません。