科学哲学 Philosophy of Science
 
◇ 担当教員 Instructor : 中尾央
◇ 単位数 Credits : 1単位 ◇ 選択・必修 Required/Elective : 選択 ◇ 講義室 Room : L1
◇ 講義スタイル Style : 講義/公開
◇ 開講時期 Quarter : Ⅱ期 火曜4・5限、 金曜4・5限

◇ 授業目的 Course goals : 授業目的:科学技術の性質・方法・変化,さらにはそれを取巻く社会・倫理・政策的側面を踏まえ,科学技術の将来を考える.
Understanding the nature, methods, and historical changes, and social,
ethical, and policy aspects of science.
◇ 授業内容 Course description : 7/22 4限(1)科学の境界を考える:精神医学と疑似科学
The demarcation of science: Psychiatry and pseudoscience
7/22 5限(2)科学の歴史的変化を考える:科学の変化は合理的か
Scientific change: Rational or irrational?
7/25 4限(3)科学によって人間観・世界観はどう変わるか:道徳性の科学(進化学・心理学・人類学・経済学の観点から)
Science and the views of humans and world: Science of morality
(evolutionary studies, psychology, anthropology, and economics of
morality)
7/25 5限(4)科学技術と社会の関係を考える:社会における科学と社会のための科学
Science, technology, and society: Science in Society and Science for Society
7/29 4限(5)科学技術と倫理:良い研究と良い研究者とは
Science, technology, and ethics: Good research and good researcher
7/29 5限(6)科学技術と政策:科学技術政策のこれまでとこれから
Science and technology policy: The past and the future
8/1 4限(7) 参加型ワークショップ(1) :自研究の将来像を描く
Participatory workshop (1): The future of your own research
8/1 5限(8) 参加型ワークショップ(2) :自分野の将来像を描く
Participatory workshop (2): The future of your own research field

◇ 教科書 Textbook : オカーシャ『科学哲学』(岩波書店)/小林傳司『トランス・サイエンスの時代―科学技術と社会をつなぐ』
◇ 参考書 Reference materials : 内井惣七『科学哲学入門:科学の方法・科学の目的』/広重徹『科学の社会史(上:戦争と科学・下:経済成長と科学)』
◇ 履修条件 Prerequisites : 特になし
◇ 成績評価 Grading : 授業への参加度(最初の三日間は授業の終わりに簡単な問題に答えてもらい,それぞれが10%ずつ;また最終日に参加型ワークショップを行なう予定ですが,そのワークショップでの成果報告が30%)+最終レポート(2000字程度,40%)
◇ オフィスアワー Office Hours : 授業終了後
◇ 配布資料 Handouts : 現在、配布資料はありません。