先進情報科学特別講義Ⅱ,Ⅳ Advanced Cutting-edge Research Seminar Ⅱ&Ⅳ
 
◇ 担当教員 Instructor : 樫原 茂(Shigeru Kashihara / かしはら しげる)、 川波 弘道(Hiromichi Kawanam / かわなみ ひろみち)、
川原 純(Jun Kawahara / かわはら じゅん)、 久保 孝富(Takatomi Kubo / くぼ たかとみ)、
Sakti Sakriani Watiasri、 中島 悠太(Yuta Nakashima / なかしま ゆうた)、
畑 秀明(Hideaki Hata / はた ひであき)、 松原 崇充(Takamitsu Matsubara / まつばら たかみつ)、
大和 勇太(Yuta Yamato / やまと ゆうた)、 吉川 雅博(Masahiro Yoshikawa / よしかわ まさひろ)
◇ 単位数 Credits : 1単位 ◇ 選択・必修 Required/Elective : 選択 ◇ 講義室 Room : L1,L2,L3
◇ 講義スタイル Style : 講義/公開
◇ 開講時期 Quarter : Ⅳ期 火曜1限、 木曜1限

◇ 授業目的 Course goals : 情報科学分野の先端的なテーマに関して広く研究の動向を学ぶ。
Introductions to help build knowledge of most advanced and
recent research topics and technologies in information science.
◇ 授業内容 Course description : 詳細はWebページにて掲示する。

助教によるオムニバス形式の講義。具体的なテーマは下記の通り。3または2テーマずつ並列に開講され、並列テーマは同時に選択できない。各テーマでは4回の講義を行って履修を認定し、2テーマについて認定されれば1単位となる。年度あたり最大2単位まで取得できる。

The lectures will be given by assistant professors in parallel in 4
slots. Each topic will be presented in 4 lectures and any combination
of two topics from different slots grants 1 unit. Students can get 2
units from this course at most per school year.

【日程・テーマ・担当者・講義室 (Schedule)】

12/2, 12/4, 12/9, 12/11 9:20--10:50

[L1] 確率推論と確率最適制御 (Probabilistic Inference and Stochastic Optimal Control)
松原崇充 (Takamitsu Matsubara)
[L2] MRF/CRFモデルに基づく画像処理とパターン認識 (MRF/CRF Model-based Image Processing and Pattern Recognition)
中島悠太 (Yuta Nakashima)
[L3] 高品質・高信頼性のためのVLSIテスト技術(VLSI Test Technologies for High Quality and Reliability)
大和勇太 (Yuta Yamato) (12/2追記:初回出席者ゼロのため、このまま受講希望申し出がなければ、本テーマは今年度不開講とします)



12/16, 12/18, 1/6, 1/8 9:20--10:50

[L1] 二分決定図を用いた大規模グラフ処理のためのアルゴリズム (Algorithms for Large-Scale Graph Data Processing Using Decision Diagrams)
川原純 (Jun Kawahara)
[L2] 表現豊かな音声情報処理の研究動向 (Recent studies for expressive speech processing)
川波弘道 (Hiromichi Kawanami)
[L3] モバイルインターネット技術の現状と展望 (The latest trends and prospects for mobile Internet technologies)
樫原茂 (Shigeru Kashihara)


1/13, 1/15, 1/20, 1/22 9:20--10:50

[L2] Toward Recognizing Human Speech: Promises, Problems, and Recent Progress
Sakti Sakriani Watiasri
[L3] 福祉機器の最新動向 (Trends in Welfare Devices)
吉川雅博 (Masahiro Yoshikawa)


1/27, 1/29, 2/3, 2/5 9:20--10:50

[L2] Decoding Information from Biosignals with Machine Learning
Takatomi Kubo
[L3] ソフトウェア開発エコシステム (Software Development Ecosystem)
畑秀明 (Hideaki Hata)

◇ 教科書 Textbook : 詳細はWebページにて掲示する。
◇ 参考書 Reference materials : 適宜紹介する。
◇ 履修条件 Prerequisites : 各テーマで説明する。
◇ 成績評価 Grading : 各テーマで説明する。
◇ オフィスアワー Office Hours : 各テーマによって異なるが基本的に授業が終わった直後とする。
◇ 配布資料 Handouts : 現在、配布資料はありません。